So-net無料ブログ作成

【文アル】初イベント [文豪とアルケミスト]

初の大型イベント!!
しかも新キャラは子安!!!
これは必死にならざるを得ない!!
…って訳で、初日からかっ飛ばしてきました

資材1228.jpg
ちなみに資材はお手紙と研究で貯めまくってこんな感じでした。
初のイベントだからどこまで貯めたらいいか分からず、途中から備蓄感覚が完全にブレてましたねw

イベント 秋声衣装2.jpg
イベント 紅葉先生衣装.jpg
予想通り墨はほとんど消費せず、イベント報酬に食料もあったためほぼノンストップで周回しまくりサクッと衣装をゲット(*´▽`*)
普段は羽織で隠れて気づきませんでしたが、こうしてみると紅葉先生本当に髪が長いんですね…

イベント 会派1.jpg
敵は弱くて倒しやすいので、高レベル二人でも余裕で周回できました
お陰で食料が節約でき、かつ人数が少ないので疲労抜きも楽々♪

イベント 報酬2.jpg
と、ここまでは良かったのですが、肝心の露伴先生が一向にドロップしません(´・ω・`)
最後の報酬を受け取っても、それでも来なかった…
それでもめげずに周回し続け…

露伴先生.jpg
やっと来てくださいましたよ!!
露伴先生!!!

イベント 報酬4.jpg
結局歯車4万までかかりましたよorz
それでもドロップしてくれてよかった(*´▽`*)
このまま紅葉先生がカンストするまで来なかったらどうしようかと思いましたwww

日にちで言えば一日でゲット出来ましたが、潜書回数で言えば相当数になっている訳で…
きっと今頃はずっと潜書し続けていた紅葉先生にボコボコにされている事でしょう←

紅露時代.jpg
でもさすが紅露時代と呼ばれたお二人
とってお仲がよろしいようです♪




おまけ
露伴先生 衣装チラ見せ.jpg
露伴先生の洋装とか、カッコイイに決まってますよね(*'▽')

【文アル】錬金術師と言ったら [文豪とアルケミスト]

もちろんアトリエシリーズですよね!
文アルを始めてから、どうしても司書のイメージにアトリエのほんわかした、ゆるふわ日常系錬金術師がチラついて…
結局我慢できずに軽率にクロスオーバーやっちゃいました

帝國図書館の錬金術師
錬金術師の補修

DMM系では初、男性主人公で考えてみました。
女性だと一部の文豪がゲーム内とは異なる対応をするんじゃないかと…思いまして…。

文学とはこれっぽっちも縁のなかった錬金術師が、能力的に適任だって事でいきなり特務司書押し付けられちゃう話です
最初はアトリエ帰るー師匠の所帰るーって騒ぎますが、面倒見良すぎてめっちゃお人よしだから、文豪たちを放っておけなくて結局とどまっちゃうっていう。

だって強制的に参加する初期文豪が秋声ですよ?
どうせ僕なんか…
とかそんな事言っちゃう人放っておける訳がない←
後釜が見つかるまでの繋ぎで~とかうまい事言い含められて、結局図書館に留まって…
その後任意で選ぶ文豪も、まったく知識がないから館長とネコに唆されるまま重治さんを選んじゃって、安定の精神不安定←
しかも割とガチで心病んじゃって悪夢にうなされて飛び起きるの見たら、そりゃ放っておけないですよ
ほっとけない、で面倒見てるうちに手のかかる文豪が次々増えていって、藤村が来た辺りで諦めます

最終的には帝國図書館内にアトリエを作って、文豪たちから依頼を受けたり潜書や補修を行ったり…という特務司書ライフをエンジョイしていく事に…

まだまだ序章どころかプロローグにすらたどり着いていませんが、細々と続けていく予定~
近々MFLの小説と一血卍傑の首切られ組小説もアップ予定です(*´▽`*)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。